2017年01月07日

感染性胃腸炎について

新しい年を迎えましたがまだまだ寒い日が続いています。

毎年11月から1月にかけてノロウイルスを含む感染性胃腸炎が流行します。今季は全国平均で警報レベルになっており、特に免疫のない幼児がかかりやすくなっています。

感染性胃腸炎は1日から2日の潜伏期間がありその後、嘔吐・下痢・腹痛・37〜38度の発熱などの症状を引き起こします。

感染は主に人の手指や食品を介して起こります。
手指に付着しているウイルスを減らす最も有効な方法は手洗いです。帰宅時や調理を行う前、トイレの後など手洗いを徹底しましょう。
食事は火の通した物を食べましょう。
特に貝類(主に牡蠣、シジミ、アサリなどの二枚貝)はしっかり加熱することが大切です。貝を食べる時は中心部を85〜90℃で90秒間以上加熱しましょう。
また食器・調理器は使用の都度、洗浄・消毒をしましょう。

感染性胃腸炎になってしまったら水分をこまめにとり、脱水症状にならないように気をつけましょう。
ダメージを負った胃腸には、スポーツドリンクより経口補水液などがおすすめです。
食事は無理してとらず、症状が落ち着いてきたら胃腸にやさしい物から少しずつ食べましょう。
症状は2〜3日すると緩和されますがウイルスは通常1週間ほど体内に残っています。ひどくなると1ヶ月残る場合もあるので手洗いなどをして人にうつさないように気をつけましょう。

胃腸炎だけでなくインフルエンザ・溶連菌など様々な感染症が流行しています。
普段から消毒・手洗い・うがいなどをして感染予防につとめ、冬を乗り切りましょう。





posted by すこやかクリニック at 09:51| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: