2017年07月24日

熱中症に気を付けましょう

温暖化の影響で気温が上がり、各地で真夏日・猛暑日・熱帯夜などが続いています。

高齢者の方は日常生活の中で熱中症が起こります。
加齢により体内の水分量が減少し、脱水を起こす危険性が高くなります。加えて湿度変化やのどの渇きを感じにくく、水分の摂取が不足しやすくなります。

ほかにもトイレが近くなるのを嫌って水分摂取を控えたり、エアコンを使わなかったりします。
それがよくないんです。
こまめに水分を補給しましょう。
汗をかいたら塩分も摂取しましょう。
暑い時は上手にエアコンを使いましょう。






posted by すこやかクリニック at 17:24| Comment(0) | 日記