2016年09月13日

体をあたためましょう

昼間はまだまだ暑いですが、朝晩は少しずつ涼しくなってきましたね。
夏バテや9月病といった言葉もありますが、暑い夏に体力を消耗して、心身に不調が出たりしていませんか?

昔の日本人は川の水や井戸の水(17〜18℃)で野菜や果物を冷やして食べ、涼をとっていました。
現代では当然冷蔵庫(5〜10℃)で冷やしているため、昔に比べるとはるかに冷たいものを食べるようになっています。

この冷たい食べ物が胃に入るとどうなるでしょうか?
胃はまず食物を体温にまで上げてから消化します。 その結果、胃の消化機能が衰え消化不良の原因となったり、体が冷えて自律神経の乱れ・疲れ・だるさが出る原因となり心身の不調としてあらわれます。

せっかくの食欲の秋、おいしい食べ物の季節です。
まず、体調不良の改善に、体をあたためるように心がけましょう。


posted by すこやかクリニック at 15:08| Comment(0) | 日記